詰め物・被せ物

自然の歯に近い「白さ」と「透明感」をご提供することで
「詰め物・被せ物が気になって笑えない…」
そんなお悩みを解決し、あなたの「素敵な笑顔」を取り戻します

詰め物・被せ物について

むし歯治療などにより歯を削った部分に詰めるもののことを「詰め物(インレー)」と言い、削った歯の上に被せるもののことを「被せ物(クラウン)」と言います。「詰め物」「被せ物」の種類にはセラミック(陶器)、レジン(プラスチック)など様々なものがあり、それぞれ見た目や特性が異なります。

治療後の歯に「詰め物」「被せ物」を施すことで、見た目や機能性を改善させることができ、また、「以前むし歯治療を受けた際に被せた銀歯が気になって人前で笑うことができない」という方につきましても、セラミックなどの目立ちにくい素材に変えることで、人の視線を気にすることなく素敵な笑顔が浮かべられるようになります。

むし歯治療などにより歯を削った部分に詰めるもののことを「詰め物(インレー)」と言い、削った歯の上に被せるもののことを「被せ物(クラウン)」と言います。「詰め物」「被せ物」の種類にはセラミック(陶器)、レジン(プラスチック)など様々なものがあり、それぞれ見た目や特性が異なります。
治療後の歯に「詰め物」「被せ物」を施すことで、見た目や機能性を改善させることができ、また、「以前むし歯治療を受けた際に被せた銀歯が気になって人前で笑うことができない」という方につきましても、セラミックなどの目立ちにくい素材に変えることで、人の視線を気にすることなく素敵な笑顔が浮かべられるようになります。

詰め物・被せ物の種類

オールセラミック

セラミックのみで作られているため、金属アレルギーの方でも安心してご使用頂けます。また自然の歯の近い白さや透明感が再現できるため、周囲の天然歯と並んだ時にも目立つことはありません。

ジルコニア

「ジルコニア」は人工ダイアモンドにも使用される素材で、耐久性に優れているので、噛みしめる力が強い奥歯に対しても使用することができます。自然の歯に近い白さや透明感が実現できるだけでなく、汚れが付きにくく変色にも強いので、審美性を重視される方におすすめです。

ハイブリッド

セラミックとレジンを混ぜ合わせて作られた素材で、セラミックよりも柔らかいので、噛み合わせた時に周囲の歯を傷つけません。

メタルボンド

内側の金属の上にセラミックを焼き付けて作られた素材で、耐久性に優れており、破損や変色にも強いので、しっかりとメンテナンスすれば長期間ご使用頂けます。

ラミネートベニア

歯の表面をごくわずかだけ削り、そこにセラミックの板を張り付けることで、歯の白さや形を整えます。「ホワイトニング」では歯を白くすることのできなかった方、また短期間で歯並びを整えたい方におすすめです。

ファイバーコアについて

むし歯治療などにより神経を抜いてしまった歯は、神経のある歯よりももろく、「被せ物」をしてもすぐに外れたり、残っている歯が欠けたりしてしまうことがあるため、被せる前に人工の土台(コア)を入れる必要があります。
土台の素材にはレジン、メタル、ゴールドなどがありますが、当クリニックでは光の透過性に優れ、適度なしなやかさにより歯にかかる負担を軽減してくれる「ファイバーコア」をおすすめしております。
この「ファイバーコア」と「セラミック」を併用することにより、「被せ物」を透明感のある自然な仕上がりにすることができます。

料金

オールセラミック 40,000円~
ジルコニア <インレー>
40,000円

<クラウン>
80,000円
ハイブリッド 35,000円~
メタルボンド 70,000円~
ラミネートベニア 50,000円~
ファイバーコア 15,000円~

※料金はすべて税抜です
※歯1本あたりの料金です